フローラ薬局 本店・針灸院

 

中国医学にもとづいた本格的漢方相談、針灸治療。

薬草・ハーブ園のある薬局 漢方薬、生草を豊富に揃え、

特に不妊症・皮膚病治療で実績をもち

薬剤師・針灸師・国際中医師の免許をもった

篠原泰友先生が相談に応じています。

みなさんの健康のために小冊子をお配りしています。□小冊子はご来店の方に差し上げます。□

可愛い赤ちゃんをあなたに
■不妊の原因
■漢方での婦人科の治療法
■女性生理の正しい理解のために
■中国漢方における周期療法の進歩
監修:包海燕
編集:栃木中医薬研究会
    新潟中医薬研究会

女性を美しくする生薬のいろいろ
■女性本来の自然の美しさを引き出す
                  中国漢方
■女性の美しさに重要な生薬の比較
著者:寇華勝

男性を強くする生薬のいろいろ
■正常な性活動は健康の証明です
■精子を減少させる環境ホルモン
■インポテンツは改善できます
著者:康文海/篠原泰友/篠原久仁子

篠原薬剤師 国際中医師取得

篠原薬剤師は「医療は西洋医学と中国医学それぞれの利点をうまく生かすべき」 という考えから、漢方薬を重用してきました。当然のことながら、漢方も新 しい発見や実証など日々発展しています。それらをきちんと知識として吸収するために、篠原薬剤師は、日本中医薬研究会(唯一、中国政府に承認 された日本の漢方団体)に所属し、講習会などに参加して勉強を続けてきました。
漢方薬も誤った使い方をすれば副作用の恐れがあります。患者さんに正しい処方をし、 安心して服用してもらうには不断の努力が怠れません。また、信頼を得るには誰もが納得できる実績が必要です。そして自分自身を高めるには資格が。資格を持つということは、これまで以上に責任が増すからです。そこで、篠原薬剤師 は、自分を厳しく見つめ直し、漢方の専門家に適しているか試すため、一念 発起して国際中医師試験A級に挑戦し、見事合格しました。  
中医師とは、中国漢方医学の専門医のことで、中国政府が認定する国家資格です。本来は中国の中医薬大学で学ぶのですが、漢方学の高まりを受け、 各国に中医薬大の分校が設立されました。それに伴い、国際中医師能力試験が行われるようになり、合格者には中国政府から「中国医学・医師国際認定書」 が交付されます。
日本では平成8年度から試験が開始され、今年は6回目。 試験内容は中医学や中薬学、現代医学(西洋医学)など5科目10項目あり、 これまで数10名しか合格者が出ていないという高難関。それゆえ、薬局を経営しながらの合格は茨城では初めてのようです。
患者さんのことを第一に考え、現状に満足しない篠原薬剤師なら、疾病 の予防や治療など体に関する事は何でも安心して相談できますね。

開局薬剤師・針灸師では県内初!
不妊カウンセラー資格(不妊カウンセリング学会認定)を取得

ユーモアあふれる語りが好評の篠原先生が、今春、不妊カウンセラーの資格を取得しました。
篠原先生は、中医学の立場から、不妊で悩むご夫婦に、体を妊娠しやすい状態に整えるアドバイスをしてきました。そうした中で、「もっと豊富な知識を得て、患者さんに近いところで相談に乗りたい」、「もっと安心感を持って相談に来て欲しい」と考えたそうです。その根底には、不妊に悩む方を一人でも多く助けることは、少子化が進む日本を救うことになる!という、大きな使命感があったとか・・・。
でも、カウンセラーになるのは、なかなか大変。当然、生殖医療の理論と内容を正確に理解し、カウンセリング術をマスターしなければなりません。それには、不妊カウンセリング学会の学術集会に参加したり、養成講座を受講したりして学科面の目標に到達することが必須条件。そして認定には、筆記試験と面接のクリアが課されます。さらに、5年ごとに更新されるので、認定後も日々の研鑽が必要です。不妊治療の進歩は、まさに日進月歩。現場での経験と知識が非常に重要になります。合格者の多くが、不妊治療に携わる医師や看護師、助産師さんなのもうなずけますね。開局薬剤師・針灸師では県内初の快挙、というのも納得。
篠原先生は、今までとは違う視点で勉強することで、これまで以上に患者さんの話や気持ちが理解できるようになったそうです。ここで、先生の感想を。
「50を過ぎての一念発起。気力と体力の衰えを感じて、くじけそうになりました。でも、患者さんのためにも、やめるわけにはいかないと頑張りましたよ。無事、認定されてホッとしました。諦めず夢を追いかけて、本当に良かった」
おじさん代表、篠原先生に拍手。病院は怖くてなかなか行けないという方、街の薬局に不妊カウンセラーが誕生しました。ほんの少し勇気を出して、訪ねてみてください。楽しいお話と適切なアドバイスで、きっと心が楽になるはずですよ。

アクセスMAP

フローラ薬局 本店針灸院
〒311−4144
茨城県水戸市開江町743−5
TEL 029-253-4793
FAX 029-253-4789
営業時間 9:00〜19:00
休業日  日曜・祝祭日