NHK文化センター水戸にて、2008年4月より篠原泰友・篠原久仁子による「暮らしに役立つ漢方・薬膳の知恵」講座が開講します。生徒募集中!申し込みは、NHK文化センター水戸(029−233−1715)まで
 

漢方養生講座

 第1回 新年からの養生法 穀物をしっかり食べて健やかに

新しい年を迎えて、いかがお過ごしでしょうか?昨年は暗い話題ばかり目立ち、世界中に元気が感じられませんでしたね。ただ、中国漢方には、「陰極まれば、陽を生ず」との考え方があります。つまり、「悪い状態は長くは続かない」というわけで、今年こそ回復して欲しいものです。
私たち1人ひとりもまた元気でいきたいもの。まずは、体内に必要な元気を溜めることです。そのために、今日から試していただきたいことが。例えば、穀物をしっかりとることもその一つです。早速、1年を元気で過ごす養生法をご紹介していきます。

第4回 アトピー性皮膚炎と漢方治療・スキンケア 薬局でのスキンケア その他

アトピー性皮膚炎の病態や漢方治療の考え方など茨城県水戸市で医療機関と薬局が連携して、アトピー性皮膚炎の西洋医学と中国医学の結合治療を行い、効果をあげた取り組みを紹介致します。

第3回 「骨粗鬆症と漢方」その他  フローラ生活習慣病予防教室より

「生活習慣予防に役立つ薬膳の考え方」・「骨粗鬆症の予防に良い薬膳」・「骨粗鬆症の予防とツボ療法」・「骨粗鬆症の予防に良い運動法」など。

第2回 「更年期障害」 日ごろからの養生を大事にしよう!

老化した卵巣から女性ホルモンの分泌が減少、一方で反応の鈍くなった卵巣を何とかしようとがんばる脳。これらのアンバランスが自律神経にもおよび、さまざまな症状となって現れるのが更年期障害です。更年期対策には、若いころからの気配りdがとても大事。以下、どのように迎えたらいいのか、またその時期をどのように過ごせばいいのか、見ていきましょう。

 

第1回 「生活習慣病対策 高脂血症」 予防法は、生活の改善から

高脂血症が問題となるのは、将来的に動脈硬化を引き起こし、さらに脳梗塞、心筋梗塞など、 命にかかわる重大な病気につながっていくからです。ただ、本人の自覚症状がないため、治療の継続が難しい場合もあります。